菊池  きくちさとし
昭和572月 日立市日高町生まれ。
平成元年より山方町照田在住。(現・常陸大宮市)
平成11年度水戸養護学校高等部卒。


小さい時から漢字等の文字には関心が高かったが,
まさか毛筆を使って字を書くことなんて思っても見
なかった。まして硬筆で人から読んでもらう字を書
くのがやっとだった。それでも字を書くのが好きで,
普通は絵やイラストを描く自由帳や落書き帳によく
鉛筆で文字ばかり書いていたのを憶えている。僕は
車で移動するとこが多かったので,案内標識などに出てくる地名に興味を持ちそれを訳
もなく書いていた。それが小さい時の文字に興味を持つきっかけで自分の字の原点かも
しれない。この頃そう思い返しています。

 中学生の頃,国語の書道の授業で自分ではあまり上手だと思わない字を,先生が「面白
い」とすこぶる誉め称えて頂き,自分のそのままの字を書けばいいんだと教えて頂きました。
それから少しずつ周りから激励を受けながら独学でちょこちょこ書くようになりました。
そのうちに色々な場所でお褒めを頂いて,本格的に書に取り組みはじました。

 周りの方々が僕の書を称賛や激励して頂き持ち上げて下さいまして,我流ながら作品の
制作にあたれる事を幸せに思う所存です。

         戻る菊池聡の「文字の道」